FC2ブログ
解析はここから(但しgoogle analyticsはhead終了タグ直前) -->
仙台市宮城野区ソフトボール協会

「会長を退任するにあたって」荒井正勝氏挨拶

2024/02/29
お知らせ 0



「会長を退任するにあたって」
                  仙台市宮城野区ソフトボール協会
                  顧問 荒井 正勝

 2010年以来,7期,14年にわたる宮城野区会長職を解いていただきました。
 その間,石川光次郎顧問様をはじめ,多くの協会会員の皆様の心暖かく,
力強いご支援をいただく中,退任の日を迎えました。
 今は皆様から寄せられたお心遣いと,お励ましの数々を振り返り,
感謝の気持ちでいっぱいです。

 会長就任間もなく,東日本大震災で,仙台市協会も含めて,球場はおろかすべての
大会備品を失いました。数多くの登録チーム,チームメイトにも被害が及び,
呆然とするばかりでした。
 両親の家屋の倒壊の中,私的には「後縦靱帯骨化症」で,手術のため,
栃木県獨協医科大学病院に入院しました。退院間もなく,母が他界し,しばらくして後,
右手首上部の骨の手術・・・・・。
 一時は退会の境地も胸をよぎりました。
 そんな中,通りすがりの中学校校庭で黙々と練習に励む部員たちの
姿を見つけました。
 遠くで指導にあたっているのは,なんと昔の同僚ではありませんか。
互いの現況・現状を情報交換する中で,「今は辞める時期ではない」「辞めないでほしい」
という心境になり,審判員としての活動継続を決意しました。
「やると決めたら,今からやればいい!」
「心の中に ふる雨に 人の情けが 傘をさす」

 色川正幸副会長,仙台市協会星 芳郎理事長と共に,復旧工事最中の
蒲生海岸公園野球場に何度か足を運び,希望する球場の姿や,トイレの増設を
お願いしたものです。
 明るい兆し・希望の光が見えたころ,またしても試練が襲ってきました。
今度は,コロナ禍の到来です。
 自然災害やウイルス(病原菌)の蔓延は,人間の力をはるかに超えるほどの勢いを
持っていることを感じます。
そのような現況にあっても,人の知恵,人の和,人の絆は強くなると信じます。

 正直言って,宮城野区ソフトボール協会は絶対的会員不足により,役職の兼務を
余儀なくされ多忙を極めることになると思います。
 しかしながら,我妻誠一新会長を中心に,一致団結,決して他に負けないアイデアで
この難局を打開していただけるものと確信しております。
 厳しさを伴った優しい思いやりで,1種審判員を
誕生させた実績を自信にしていただきたいと思います。
 互いに,他を信じ思いやりの心を忘れなければきっと道は拓かれる
「念ずれば,花ひらく」そう信じます。

929B47B7-6C87-47BE-8394-446588972737.jpeg0701②



御礼
娘がプレーヤーだった頃からお世話になりました。
岩切中グラウンドで颯爽としてらっしゃるお姿を見て,
「どうすれば審判になれるんですか?」「いくらくらいかかるんですか?」
とお声をかけさせていただいたことを思い出します。
私の最初のソフトボール協会関係者との接触でした。
その数年後本当に審判になりました。
今では未熟さを棚に上げて一丁前の顔をしています。お叱りください。

このブログは,荒井会長の決断でスタートしました。
今思えば画期的なことでした。
協会の活動をしていく中で,様々な問題提起,アイデアだし,アドバイス等々
貴重なお言葉をたくさん頂戴してきました。
厳しい提言も頂戴しましたが,それに必ずしも対応できなかった
私たちには宿題がたくさん残っています。想いを引き継ぎ
これからの活動にあたっていきたいと思います。

これからも奥様をお大切にいつまでもお元気でいらしてください。
できましたら
引き続き我々後輩の面倒も見ていただきたくお願いいたします。



Comments 0

There are no comments yet.