FC2ブログ
解析はここから(但しgoogle analyticsはhead終了タグ直前) -->
仙台市宮城野区ソフトボール協会

[ルール&事例]ルールを覚えていこう!NO1

2024/01/08
ルール&事例集 0
IMG_1866.jpeg
ルール&事例集2023年版NO1

今年も、シーズンオフ期間に、恒例「ルール&事例」を紹介していきます。
昨年1年間で発生し、審判研修会で共有された事例になります。


[事例1]
6回表の攻撃側チームが投手のところに代打を起用する。二死後打者一巡し代打を出したところに打順が回ってきたので、投手だった選手が再出場、打席に入った。
安打で出塁したので攻撃側監督は、一塁走者に対してテンポラリーランナーを通告。

[適用]
投手のところに代打を出し、再び打順が回ってきたところで再出場した場合。
あくまで打者として再出場であって、投手が確定しているわけではない。よって
テンポラリーランナーの適用は認められない。

[事例2]
二死満塁、打球はショートゴロ。
遊撃手は、2塁走者にタッチにいき挟殺プレーになった。
2塁走者が挟まれている間に、3塁走者はホームイン。その後2塁走者は、タッチアウト。
走者のアウトよりホームインが早かった。得点1点か?
(タイムプレー適用?)


[適用]
二死満塁。打者、各塁の走者が、一つの塁を進まなければ得点は認められない。
例えば、満塁で打者が内野ゴロ。打者走者が、1塁到達前にタッチされた。
それより早く、3塁走者がホームインしても得点は認められない。
このケースと同様である。


2例とも実際にあったケースです。
審判員に責任はありますが、
チームの皆さんもルールをしっかりと覚えておいたほうがいいですよね。

あと何例かありますので適宜UPしていきたいと思います。









Comments 0

There are no comments yet.